« February 2011 | Main | April 2011 »

Mar 17, 2011

地震日記 7日目(17日)

午後上司と打ち合わせしていると「電力不足により予期せぬ大停電起きる可能性ありと経済産業省より情報あり、みんなとっとと帰れ」との社内アナウンス。そんな急に帰れないよ、と取り敢えずの作業を片付けて17時前に退社。

たまたま近くに相棒がいたので落ち合う。相棒の実家に寄ることに。道すがら立ち寄った相棒旧知の焼き菓子専門店でしばし立ち話。おまけしていただく。

夜中帰宅。ニュースなど見るにつけ、定時まで会社にいたらきっとまともに帰宅できなかったろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 16, 2011

地震日記 6日目(16日)

定休日なので休み。まともに仕事してない日々……。

わけもわからずtwitterはじめてみた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 15, 2011

地震日記 5日目(15日)

バスと電車併用して出社。おにぎり持参。

帰りは東西線使って帰宅。大手町から乗って座れた。普段ではこうはいくまい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 14, 2011

地震日記 4日目(14日)

電車がかなり運休していたため、(多少頑張ればなんとかなったかもしれないが)自宅待機。

計画停電の時間が近づき、急に思いついたように蝋燭など探しに出るも売り切れ。←行動を起こすのが遅すぎ。で、結局停電は実施されず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 13, 2011

地震日記 3日目(13日)

普段の日曜日以上にだらだらと起床。我ながら緊張感に欠ける。仕事をしようと思っていたがほとんど手つかず(これも普段の日曜日と大差なし)。

午後、近くの駅まで車で相棒を迎えに行く。その足で相棒の実家、自分の実家に顔を出し、夜帰宅。(普段あいている)ガソリンスタンドは閉まっていた。まだタンクに半分くらい残っているので、近所を移動するくらいであれば問題ない。

自宅の住所が計画停電の何グループなのか、東京電力の公開情報で特定できず(2グループと5グループの両方の記載あり)頭をひねる。両グループの時間帯にわたって停電するとなると、結構な時間になるなと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 12, 2011

地震日記 2日目(12日)

8時前に神田界隈のそば屋で朝食。コンビニは相変わらず食品枯渇。会社に戻って始業。打ち合わせ用の資料を作り、急ぎのメールをいくつか送信し、14時頃早退。

鉄道各線はそこそこ復旧しており、いつもとは違うルートなれど難なく自宅の最寄駅まで到着。家まで歩きながら沿道の建物の被害状況を観察するも、外から見て分かるような損傷はほとんど見られず(工事中の現場で積んであったブロックが崩れていたくらい)。16時前には帰宅。

自宅の被害はほぼ皆無。壁に立てかけてあったコルクボードが転倒、棚の上に積んであったCDが崩落、方々の引き出し類が軒並み開いていたくらい。細かく見れば壁の入隅の壁紙があちこち切れていたが…。ガスは安全装置が作動していた(ので解除した)。

ネットやテレビで情報収集しつつ夜が更ける。相棒は伊豆方面に旅行中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 11, 2011

地震日記 1日目(11日)

14時半ころ社内での取引先との打ち合わせを終え、自分の席に戻って少ししたところでがたがたと縦の揺れを感じ、その後ゆらゆらと周期の長い揺れに。ビルの9階なので長周期の揺れに変換されるのはいつものことだが、直感的に(地上の)揺れの程度がわからない。しかし、振幅が徐々に大きくなりいつまでもおさまらないので、ただごとではないと判断。窓から外を見ると、工事用のタワークレーンが大きく揺れている。上部の操作室の状況を想像してぞっとする。

ネットや近くの人の携帯(ワンセグ)で情報収集しつつ、仕事はほとんど手につかず。自分の携帯(docomo)は通話、ネット(メール)が全く繋がらず、ワンセグの機能は搭載されておらず、電池の持ちもよくないとほとんど役に立たない。都内勤務の弟、伊豆方面に旅行中の相棒とはなんとか連絡とれ互いの無事を伝え合う。首都圏の鉄道は完全に止まっており、20km以上の道のりを徒歩で帰宅するか逡巡しつつ、日没。会社に残った人と連れだって近くの空いている店を探しとりあえずの夕食。なおコンビニの食品は枯渇。

夜中近くになって東西線が妙典まで運転再開したが、状況もわからず、風も強く寒そうで、携帯も頼りにならない状態なので、会社に泊まることにする。空調はもちろん停まっておりコートを着て寒さ(たいしたことはない)を凌ぐ。余震のたびネットで情報を確認、ほとんど寝られず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »